自転車通学

[心身ともに鍛えられる!?]魂の自転車通学あるある8選!

雨の日も風が強い日も、部活終わりでふくらはぎがつりかけてるときも、足を動かし続ける必要がある、自転車通学。

特に田舎だと距離も長くて大変。

今回は、そんな自転車通学で起こりがちなこと、すなわち「自転車通学あるある」をご紹介します。

本記事を作成している私は、自転車通学を10年経験。中学〜大学時代まで、自転車で学校へと通っていました。

自転車通学あるある8選

  1. 急いでるときに限って向かい風
  2. 準備するものが地味に多くて面倒
  3. 雨対策をガッチリするも、まったく雨が降らない
  4. 前の自転車を抜かそうか、判断に迷う
  5. 車が渋滞してるときに、その横を走る爽快感
  6. 帰り道の解放感が半端ない
  7. お母様方の電動チャリにぶち抜かれる
  8. コンビニの誘惑に負けがち

1つずつみていきましょう。

①急いでるときに限って向かい風

たまに寝坊などで急がざるを得ないときに限って、強めの向かい風が襲いかかってきます。まじ勘弁。

前に進みたいけど、とにかく進まない。

急ぐ状況を作ってる自分自身に責任がありますが、追い風に乗っていきたいものです。

②準備するものが地味に多くて面倒

季節や天候によって、準備が必要なものが色々とあります。

  • 夏・・・タオル、ボディーシートなど
  • 冬・・・手袋、ネックウォーマーなど
  • 雨の日・・・かっぱ、ビニール袋、予備の靴下など

電車や徒歩通学の人よりも、忘れ物をしてないか敏感になりますね。

③雨対策をガッチリするも、まったく雨が降らない

天気予報で雨マーク。アメダスもチェックし、通学中に雨が降ると確信。なので、かっぱにビニール袋に予備の靴下と、準備万端でいざ学校へ。

しかしまったく降らず、もはや晴れ間が出てくる。

その逆はなぜか多いんですけどね。泣けてくる。

④前の自転車を抜かそうか、判断に迷う

抜かそうと思ってる相手が、あまり話したことのないクラスメイトや部活の先輩だと、抜かしにくい。スピードダウン。

⑤車が渋滞してるときに、その横を走る爽快感

特に朝の通勤・通学の時間帯。

道路がめちゃめちゃ混んでるときに、横をスーッと走っていくのはとても気持ちが良いですね。

そのあときっちり抜かされますが。

事故のもとにもなるので、ライバル視しないように。

⑥帰り道の解放感が半端ない

授業や部活のあとの解放感、達成感はとても大きなものです。

朝の通学時のような緊張感がないので、楽ですね。

⑦お母様方の電動チャリにぶち抜かれる

特に上り坂でぶち抜かれます。本気で上り坂をこいでも、軽々と抜かされます。

こっちも必死なんですがね。競ってるわけではないですが、かないません。

にしても、お母様方は本当にすごい。おそらく幼稚園や保育園の送迎だと思いますが、前にも後ろにもお子さんを乗せて走ってるんです。

その中であのバランス感覚とスピード感。かんたんではないはず。

⑧コンビニの誘惑に負けがち

部活後や金曜の学校終わりは、とにかくコンビニの誘惑に負けがち。

特に田舎の場合はコンビニがデパートみたいなもので、唯一の憩いの場。コンビニ見ると妙に安心してしまいます。

高校生の頃は、吸い込まれるかのように、コンビニに寄っていた記憶があります。特に、セブンイレブンの唐揚げ棒が大好きでした。ホットスナックは自転車通学勢の味方。

自転車通学をするうえで、気をつけたいこと

自転車

自転車通学をするうえで、以下の3点はおさえておきましょう。

  • 自分自身と自転車の状態に敏感になる
  • 時間と情報のゆとりをもつ
  • 自転車のマナーを守る

自分自身と自転車の状態に敏感になる

自身の体調や自転車のタイヤの空気、チェーンの状態をよくチェックしましょう。

というのも、

  • 部活などで疲れたうえで日々自転車通学をすると、疲労がたまりやすい
  • 自転車もフル稼働しており、放置すると必ず不具合が生じる

からです。

両者どちらかがもろいと、事故などの危険な出来事がおこる可能性も大。

そのため、体の痛みがひどいときは両親に送迎をお願いしましょう。

また、自転車のメンテナンスに関しては、学校の用務の職員や駐輪場の職員の方に見てもらうものあり。ていねいに対応してくれます。

時間と情報のゆとりをもつ

気候や交通状況は、自分でコントロールすることができません。

だからこそ、何がおこっても対応できるよう、時間と情報にはゆとりをもちましょう。

例えば、

  • 20分前には学校に到着するよう、家を出発する
  • スマホで天気予報や交通状況を確認する

などが挙げられます。ゆとりをもって授業にのぞめるのがベスト。

自転車のマナーを守る

交通事故にあうと、授業や部活の試合、学校行事への参加に支障が出ます。

それだけでなく、相手方に迷惑をかけることになります。

そうならないためにも、常にマナーを守って運転しましょう。

自転車通学あるあるまとめ

自転車通学あるある8選

以上です。

今回は自転車通学あるあるを挙げてみました。「めっちゃ分かるわ!」と思っていただけたなら、とてもうれしいです。

ABOUT ME
hiramaru
干し芋とサッカー観戦が好きな20代男。 干し芋|サッカー観戦|自転車通学・通勤|日常での経験や気づき について発信しています!