自転車通学

鬼畜すぎる!?自転車通学をするデメリット5選。対策もあわせてご紹介!

自転車

こんにちは、ひら丸です。

本記事では、自転車通学を10年経験した私が、そのデメリット5選を解説。また、デメリットに対する対策も記します。

過去の自転車通学について

中学時代:片道約4キロ・所要時間25分。自転車以外に選択肢なし。

高校時代:片道5.5キロ・所要時間35分。雨でも自転車利用。

大学時代:片道約5キロ・所要時間30分。徒歩・バスを利用することも。

こんな方におすすめ

  • 自転車通学を始めるので、デメリットや対策を知りたい
  • 自転車以外に通学の手段がない

自転車通学のデメリット5選

私の選ぶ、自転車通学5つのデメリットは以下の通りです。

  1. 天候に左右される
  2. 疲労がたまりやすい
  3. 多くの準備が必要
  4. ながら通学ができない
  5. 遅刻はすべて自己責任

1つずつみていきましょう。

①天候に左右される

不安定な天候

天候(天気・風向き・気温など)は日や季節ごとに異なります。1日の中でも変化が大きいことも。

そのため、天候によって到着時間や自身のコンディションが日々異なります。

具体的には、以下の通りです。

  • 突然の雷雨:服や荷物が濡る、体調崩す可能性
  • 風が強い・向かい風:漕ぐスピードが遅くなるため、到着に時間がかかる
  • 気温が高い:汗をかく、汗の処理に時間がかかる

特に通学途中に天候が変化すると、対応するのが大変。

一旦自転車を止めて、着替える・荷物を袋で覆うことなどが必要となります。

私は、「降水確率0%の日にいきなり大雨」「行き帰りともに向かい風」といった経験もしました。

ひら丸
ひら丸
勘弁してくれよ…

天候をコントロールすることはできないので、備えは万全にしておきましょう。

②疲労がたまりやすい

日々自転車通学をしていると、特に足に疲労がたまりやすくなります。

坂道が多ければ、体全体に疲労がくることも。

疲労がたまってくると、以下のようなことが起こり得ます。

  • 授業に集中できない
  • 部活に支障が出る
  • 事故に遭遇する

学生の仕事は勉強すること・学ぶことにあります。これを、自転車通学によって阻害するわけにはいきません。

学校生活においては、疲労がたまる要素が意外と多くあります。

自分の体と相談し、向き合うことが大切!

③多くの準備が必要

他の通学手段を利用するよりも、圧倒的に多くの準備が必要となります。

具体的には、以下の通り。

  • :替えの靴下・下着類、タオル、かっぱ
  • 盗難:U字ロック、サドルロック、鍵をかける
  • 花粉:マスク、ゴーグル
  • 暑さや寒さ:上着、タオル、着替え、ボディーシート

これらの準備には時間とお金がかかり、携帯する荷物が多くなるのも特徴的。

ただでさえ、中学や高校では多くの教科書や部活の用意もする必要があります。

それに加えて、これらの準備をするのは、自転車通学の負担になりかねません。この点、かなり苦労しました。

必要なものを、その日によって見極めましょう。

④ながら通学ができない

自転車に乗りながら何かをしてはいけません。事故を引き起こす、大きな原因となります。

他方、電車やバスで通学をすると、車内で読書・スマホを見る・音楽を聞くといったことができます。時間の有効活用が可能なのです。

こうすることで、緊張しがちな通学時も、多少リラックスできるのも良い点。自転車通学では得られない良さです。

⑤遅刻はすべて自己責任

いかなる理由で授業に遅刻しても、自転車通学はすべて自己責任。遅延証明書もありません。

僻地での自転車の故障や事故は、かなりの時間を要します。

また、前述したように、通学途中で天候の影響も受けやすいため、常にリスクを想定することが重要になります。

他方、電車やバスでの通学は、車両事故や交通状況による遅刻がほとんど。遅延証明書を先生に提出すれば、納得してくれます。

また、電車やバスに乗り遅れたとしても、それよりも前に出発した車両が遅延を引き起こしていれば、自身の遅刻にならずに済みます。ズルい。

デメリットに対する対策

すべてのデメリットには対応するのは難しいですが、ここではいくつかデメリットへの対策をご紹介。

少しでも快適に自転車通学をする・学校生活を送るために大切です。

その対策は以下の2点。

  • 公共交通機関や両親を頼る
  • ゆとりをもって通学する

公共交通機関や両親を頼る

電車
ときには、電車やバスを利用したり、両親に送迎をお願いしましょう。

特に、前もって悪天候だと分かっているときや、体に疲労が溜まっているとき。無理は禁物。

自転車通学を続けていると、「連続自転車通学記録を途切れさせたくない」「電車やバスを利用するお金がもったいない」「両親に負担をかけたくない」といった思いが強くなりがちです。

ですが、堂々と他の手段で通学することも大切。少しでも体を休めましょう。

私は、「部活動の試合が続いてるとき」や「筋肉痛がひどいとき」は両親や友達の親に送迎をお願いしていました。

意外にも、快く引き受けてくれるものです。

ゆとりをもって通学する

ここでのゆとりとは、「時間のゆとり」「情報のゆとり」を指します。

時間のゆとり:遅くても授業開始の20分前には到着できるよう、出発する。

情報のゆとり:天候・休講情報・通学路の工事や事故の情報を前日に把握する。

この2つのゆとりをもつことで、焦りや遅刻を減らすことは可能!

まとめ

自転車通学のデメリット5選

デメリットに対する対策

以上です。

デメリットを把握したうえで通学するだけでも、だいぶ楽になります。

ぜひ参考にしてみてください!

ABOUT ME
hiramaru
干し芋とサッカー観戦が好きな20代男。 干し芋|サッカー観戦|自転車通学・通勤|日常での経験や気づき について発信しています!