暮らし

入社後1年住んで感じた、社員が社宅に住むことのメリット・デメリット

社宅

入社前に多くの人が直面する、社宅or民間アパート・マンションどっちにしよう問題。

私自身も、この選択にかなり悩みました。そもそも社宅に住んだことがなかったという点が、選択に悩んだ大きな要因だったと思います。

そこで、本記事では、社宅のメリットとデメリットについて解説します。

こんな方におすすめ

  • 社宅に住むことのメリットとデメリットを把握したい
  • 社宅と民間アパート・マンション、どちらに住もうか迷っている

本記事を作成している私は、新卒入社後〜現在までの1年以上を会社所有の社宅で暮らしています。

また、大学時代は民間アパートで一人暮らしをしていました。

両者を比較したうえで、メリット・デメリットを記していきます。

社宅は大きく分けると2つある

その2つとは以下通りです。

  1. 会社が所有している社宅
  2. 借り上げ社宅

1つずつみていきましょう。

①会社が所有している社宅

こちらは、会社(入社先)がその物件を所有し、管理もおこなっています。

そのため、

・住んでいる人は全員同じ会社の人

・不備や悩みがある際は、会社に連絡or直接相談する

といった特徴があります。

②借り上げ社宅

こちらは、その物件自体は会社が所有していません。会社が民間の物件の一部を借り、それを社員に貸し出すといったものです。

そのため、①のような特徴はなく、民間の物件とほぼ変わらず。

私の同僚は借り上げ社宅に住んでいますが、同じ物件に数人ほど、同じ会社の人がいるそうです。

社宅管理お悩み相談室「社有社宅と借上社宅どちらがいい?」

https://www.uis-inf.co.jp/kariage/solution/compare-company-rented-house.html

社員にとってのメリット・デメリット

社員が社宅に住むことのメリット・デメリットは以下の通り。

メリット

  1. 家賃が安い
  2. 安心感がある
  3. 社内のつながりが増える

デメリット

  1. 物件の候補が少ない
  2. 「公」と「私」が混同しやすい

1つずつみていきましょう。

メリット①:家賃が安い

だいたい、1〜3万円前後で住めることが多いです。

就活生時代、よく求人サイトをみていましたが、だいたいこの範囲のケースが多かった印象。

ちなみに、私が住んでいる社宅は、1Kで2万円です。同地域で1Kとなると、5〜6万円が相場。

つまり、家賃にかかる費用が圧倒的に減るのです。

メリット②:安心感がある

とにかく安心。その理由は以下の通り。

・同じ会社の人が住んでいる

・会社が家主である

・相談しやすい環境である

この事実が安心感をもたらしてくれます。

借り上げ社宅の場合、上記のうえ2つがあてはまらないことがありますが、会社所有の社宅であればとても安心。

また、困リごとや悩みは、職場や同じ社宅に住む人に直接相談することが可能。スムーズに対応してくれます。

民間の物件の場合、相談する際は管理会社に連絡するのが一般的。

そのため、電話ではうまく伝えきれない部分も発生しやすいです。

私自身、「直接相談できる相手が身近にいる」という点がとても心強いと実感しています。民間の物件に住んでいた頃とはケタ違い。

社宅、半端ない。

メリット③:社内のつながりが増える

これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

特に会社所有の社宅の場合、「同じ会社の人とばったり会う」「食事に誘われる」といったことが結構ありました。

これにより、社内で知っている人・話せる人も徐々に増えるため、つながりも増加。

仕事をおこなううえでは、お互いスムーズにやりとりができます。

デメリット①:候補が少ない

少ない候補

ここからはデメリット。

会社がもつ物件の数は、当然ながら不動産屋と比較して、圧倒的に少ないです。

会社側も、社宅ばかりにコストをかけるわけにはいきませんからね。

そのため、「希望する条件と一致する物件がない」なんてこともありえます。

あまりにも希望とかけ離れた物件に住むと、ストレスに。社宅のメリットばかりにとらわれないよう、注意。

デメリット②:「公」と「私」が混同しやすい

これは、「会社の人と遭遇しやすい」「一緒にいる時間が長い」点が理由としてあげられます。

メリット②や③にあるように、「同じ建物に会社の人が住んでいる」「社内のつながりが増える」というのは、間違いなく良い点です。

しかし、会う頻度と時間が多いため、公私が混同し、落ち着ける時間も少ないのが事実。

私自身は、以下のようなことがよくあります。

・通勤途中や帰り道に社宅の人と会う

・家を出る時間がほぼ同じなので、駐車場や駐輪場でばったり会う

・退勤後に食事に誘われる(飲食店や社宅の部屋へ)

こうなると、出勤前や退勤後にも会社の人と関わることになります。

「私」に「公」が入り込むのは、なるべく避けたいのも事実。

社宅に住むうえでの注意点

その社宅の「社宅規定」や「ルール」をよく読み、必ず守るようにしましょう。

私の住む社宅の場合、

  • 「同じ場所にその金額で住めるのは10年間」
  • 「宿泊することができるのは、本人とその家族のみ」

などといったことが定められています。

これらの決まり事に違反すれば、退去になることも。そのため、決して違反することのないよう、注意が必要です。

新入社員には向いている

落ち着いた生活

新卒入社後から社宅に住み続けて、新入社員には向いているなと感じます。

その理由は、「不安」と「負担」を軽減できるからです。

就職と引っ越しが同時期になると、「慣れない仕事」と「慣れない住居」が大きな負担となります。

これらは、公私ともにパフォーマンスが落ちる要因に。

社宅であれば、会社のサポート下に住む場所があるため、頼りやすく、安心感があります。

私自身、入社直後は緊張しやすい環境でありながらも、心に多少のゆとりをもって仕事に取り組むことができました。

入社後にかかる負担をおさえることが、その後にもつながること間違いなし。

心にゆとりをもつことは大切ですね!

まとめ

社員が社宅に住むことのメリット・デメリット

メリット

  1. 家賃が安い
  2. 安心感がある
  3. 社内のつながりが増える

デメリット

  1. 候補が少ない
  2. 「公」と「私」が混同しやすい

以上です。

社宅に住もうか、住まないか。このような迷いがある方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

無料のかんたん見積もりはこちらから!


ABOUT ME
hiramaru
干し芋とサッカー観戦が好きな20代男。 干し芋|サッカー観戦|自転車通学・通勤|日常での経験や気づき について発信しています!