サッカー観戦

ポルトガルのサッカーリーグでプレーする日本人選手はだれ?視聴方法もあわせてご紹介!

サッカー

近年、日本代表の守田英正を筆頭に、多くの日本人選手がプレーするようになった、ポルトガルのプロサッカーリーグであるプリメイラ・リーガ。

そのため、ポルトガルのサッカーチームについて、見聞きしたことがある方も多いことでしょう。

そこで今回は、2022-23シーズンにプリメイラ・リーガでプレーする日本人選手や、彼らの活躍を視聴する方法について解説します!

こんな方におすすめ

  • ポルトガルでプレーする日本人選手について知りたい
  • ポルトガルのサッカーリーグの試合を、どこで視聴できるのか疑問

本記事を作成している私は、サッカー観戦歴17年。これまで現地やテレビを通して、多くの試合を観戦してきました。

プリメイラ・リーガについて

ポルトガルまずは、プリメイラ・リーガの歴史や日本人選手の活躍ぶりについて、みていきましょう。

歴史・概要

1934年に創設された、ポルトガルのプロサッカー1部リーグ。

90年近くの歴史があり、近年、評価が高まってきているリーグのひとつです。

これまでの最多優勝はベンフィカの37回、次いでFCポルトの30回となっています。

長い歴史がありながら、これまでリーグタイトルを獲得したクラブはわずか5クラブ。

「三強」と呼ばれている、

  • ベンフィカ
  • FCポルト
  • スポルティング

の3クラブで、85ものタイトルを分けあっています。

かつては、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドや元ブラジル代表のフッキらもこのリーグでプレーをしました。

過去に所属した日本人選手

過去には、12人の日本人選手がプリメイラ・リーガでプレーしています。

           選手名(所属)          所属年

  • 廣山望(ブラガ) 2002年-03年
  • 相馬崇人(マリティモ) 2009年-10年
  • 広岡ライアン勇輝(ボアヴィスタ) 2013年-16年※うち2年はポルトガル2部クラブでプレー
  • 田中順也(スポルティング) 2014年-16年
  • 亀倉龍希(ポルティモネンセ) 2014-19年
  • 中島翔哉(ポルティモネンセ※1年はFC東京からレンタル、FCポルト) 2017年-18年・2019年-22年
  • 長島滉大(ポルティモネンセ※FC今治からレンタル) 2018年-19年
  • 前田大然(マリティモ※松本山雅からレンタル) 2019年-20年
  • 安西幸輝(ポルティモネンセ) 2019年-21年
  • 権田修一(ポルティモネンセ) 2019年-21年
  • 西村拓真(ポルティモネンセ※CSKAモスクワからレンタル) 2020年
  • 食野亮太郎(リオ・アヴェFC、エストリル※ともにマンチェスター・シティからレンタル) 2020年-22年

近年ポルティモネンセに日本人選手が多く移籍していますが、この大きな理由は、元浦和のロブソン・ポンテ氏が副会長を務めている点にあります。

ポンテ氏は、かつてプレーした日本の選手に注目しており、毎年日本で視察をおこなっているのだとか。

日本人選手の通算最多出場・最多得点(2022年9月現在)

プリメイラ・リーガの日本人選手の通算最多出場・最多得点者は、ともに中島翔哉となっています。

日本人選手の通算出場試合数トップ5

選手名出場試合数
中島翔哉84試合
藤本寛也66試合
守田英正55試合
安西幸輝54試合
食野亮太郎28試合

 

日本人選手の通算得点数トップ5

選手名得点数
中島翔哉16得点
田川亨介5得点
田中順也5得点
藤本寛也4得点
食野亮太郎4得点

※藤本・守田・田川は現在もプリメイラ・リーガでプレー中

プリメイラ・リーガでプレーする日本人選手

2022年9月現在、プリメイラ・リーガでプレーをしている日本人選手は下記の10人。

  • 藤本寛也(ジル・ヴィセンテ)
  • 守田英正(スポルティング)
  • 中村航輔(ポルティモネンセ)
  • 川崎修平(ポルティモネンセ)
  • 田川亨介(サンタ・クララ)
  • 小川諒也(ヴィトーリア)
  • 渡井理己(ボアヴィスタ)
  • 新井瑞希(ジル・ヴィセンテ)
  • 邦本宜裕(カーザ・ピア)
  • 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)
ひら丸
ひら丸
プリメイラ・リーガで10人が同時期にプレーするのは、過去最多!

藤本寛也(ジル・ヴィセンテ)

2020-21シーズンからプリメイラ・リーガでプレーしている、東京V下部組織出身のレフティー。

9選手の中では、最古参です。

2020年8月に東京Vからレンタルでジル・ヴィセンテに加入し、1年目から27試合1得点を記録。

そして2022年7月からは、完全移籍となっています。

守田英正(スポルティング)

今や日本代表の中盤を支えている守田は、2021年1月に川崎フロンターレからサンタ・クララへと完全移籍。

以降、プリメイラ・リーガで結果を残し続けています。

現在はスポルティングでプレーし、ヨーロッパチャンピオンズリーグにも出場。

監督からの信頼を得られつつあり、さらなる飛躍が期待されています!

中村航輔(ポルティモネンセ)

中村は、2020年途中に、柏レイソルからポルティモネンセへと完全移籍をしたゴールキーパー。

ポルティモネンセでは、控えやベンチ外となることがほとんどで、なかなか出場機会を増やせていません。

しかし、出番を得た試合では好セーブを連発。

今シーズンは定位置確保なるか!?

また、海外挑戦以降、ひげを伸ばすなど風貌がまるで別人となっており、中村航輔ファンからは悲鳴と驚きの声が上がっています。

「「ほぼ別人じゃねーか!」GK中村航輔の風貌にファン驚き」

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef66ed9d3b5d6700f0de94e1c803dab147162400

「我慢の時間を経て1番手となったサムライGK」(画像あり)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3dd24a5239ed0ed3107230a5bb356eb53f75686c

川崎修平(ポルティモネンセ)

2021年に、当時20歳にしてG大阪からポルティモネンセへと完全移籍を決断した若きアタッカー。

ドリブルやシュートの精度が高く、G大阪時代には、J3のU-23チームでリーグ戦43試合に出場し10得点を記録しています。

プリメイラ・リーガではベンチ外が続いていますが、試合に出て活躍する日を早くみたいものですね!

田川亨介(サンタ・クララ)

2022年1月に、FC東京からレンタル移籍でサンタ・クララへと加入したストライカー。

180cmを超える高さとスピードが田川の大きな魅力です。

2021-22シーズンは、シーズン途中からの加入ながら、12試合で5得点と大暴れ。

今季は、プリメイラ・リーガでの2ケタ得点が期待されます。

小川諒也(ヴィトーリア)

2022年7月に、田川同様FC東京からレンタル移籍で海外挑戦を決断した、レフティーモンスター。

左サイドバックながら183cmと、高さも兼ね備えています。

2021年には日本代表に選出された経験があり、ポルトガルで経験を積み、再び代表でプレーすることを全FC東京ファンが祈っているはず。

渡井理己(ボアヴィスタ)

相手ディフェンスを切り裂く、独特なドリブルが武器のアタッカー。

「理己」と書いて「まさき」と読みます。

2022年7月に、J2徳島ヴォルティスからレンタル移籍で海外へ挑戦。

ポルトガルの地でレギュラー定着なるか、注目です!

新井瑞希(ジル・ヴィセンテ)

渡井同様、J2からステップアップを果たした、キレキレドリブラー。

2022年7月に、J2東京Vからレンタル移籍でジル・ヴィセンテへと加入しました。

過去にはオーストリア2部のSVホルンでプレー経験があり、海外挑戦は2度目となります。

東京V時代には、得意のドリブルで相手を翻弄。

特に2022年シーズンは、チームの中心選手として大活躍していました。

新井自身2度目の海外挑戦で結果を残すことができるのか、注目しましょう!

邦本宜裕(カーザ・ピア)

飲酒運転を起こすなど、トラブルメーカーながら、しぶとく結果を出す異端児。

これまで、

  • 浦和レッズ(2種登録)
  • アビスパ福岡
  • 慶南FC(韓国1部)
  • 全北現代(韓国1部)
  • カーザ・ピア

と多くのクラブでプレーしていますが、浦和ユース・福岡・全北を退団した理由は、すべて自身が不祥事を起こしたため。

それでも、韓国1部では通算127試合で17得点を記録するなど、活躍しています。

2022年7月に加入したカーザ・ピアでも、第4節で早くも移籍後初ゴールを決めており、クラブの中心選手になりつつあるのだとか。

小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)

日本人の母親とナイジェリア人の父親をもつ、193cmの大型ゴールキーパー。

柏レイソル下部組織出身の小久保は、2019年にベンフィカのU-23チームへと加入。

そこで経験を積み、2021-22シーズン終盤には、トップチーム入りを果たしました。

U-21日本代表にも選出されており、さらなる活躍が期待されています。

プリメイラ・リーガはどこで視聴できるのか

DAZN
国内では、DAZNで視聴することができます。

近年、多くの日本人選手が在籍するようになったことで、2022年8月からプリメイラ・リーガの配信を開始。

毎節1試合の日本語実況に加えて、複数の試合が英語実況で配信されています。

ちなみに、日本とポルトガルの時差は9時間ほどあるため、日本時間の23時〜28時の間にキックオフの試合が多い印象。

夜遅くて観れない方は、見逃し配信やハイライトで視聴しましょう!

ともに試合終了後から30日間は視聴可能!

そんなDAZNの料金は、以下の通りです。

契約内容料金(税込み)
月間プラン月額3000円
年間プラン(一括払い)年間27000円
年間プラン(月払い)月額2600円(年間31000円)
ひら丸
ひら丸
年間プラン(一括払い)がお得!

楽天市場では、ギフトコード購入が可能!

ただしこちらは、DAZN for docomoなど、すでにキャリア決済からDAZN登録している方は利用できないので、ご注意を。

まとめ|ポルトガルのサッカーリーグでは、10人の日本人が活躍中!

プリメイラ・リーガでプレーする日本人選手

  • 藤本寛也(ジル・ヴィセンテ)
  • 守田英正(スポルティング)
  • 中村航輔(ポルティモネンセ)
  • 川崎修平(ポルティモネンセ)
  • 田川亨介(サンタ・クララ)
  • 小川諒也(ヴィトーリア)
  • 渡井理己(ボアヴィスタ)
  • 新井瑞希(ジル・ヴィセンテ)
  • 邦本宜裕(カーザ・ピア)
  • 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)

プリメイラ・リーガの視聴方法

  • DAZN

以上です。

日本人選手がポルトガルの舞台でどれだけ活躍できるのか、

強豪ベンフィカやFCポルトといった相手にどのようなパフォーマンスを魅せてくれるのか、期待しましょう!

ABOUT ME
hiramaru
干し芋とサッカー観戦が好きな20代男。 干し芋|サッカー観戦|自転車通学・通勤|日常での経験や気づき について発信しています!