サッカー観戦

サッカー現地観戦の魅力3選!150試合以上みてきた経験をもとに解説!

サッカー現地観戦

こんにちは、ひら丸です。

本記事では、私自身の経験をもとに、サッカーを現地で観戦することの魅力について記します。

このような疑問がある方におすすめ

  • サッカーを現地で観戦することの良さや魅力ってなんだろう
  • 現地で観戦するうえで気をつけるべきことはなんだろうか
  • ひとりでスタジアムでサッカー観戦するのは、なんだか不安

本記事を作成している私は、サッカー現地観戦歴17年。水戸ホーリーホックのファン。

これまで、J2リーグを中心に150試合以上をスタジアムで観てきました。

サッカー現地観戦の魅力3選

  1. 非日常感を味わえる
  2. 美味しいグルメを堪能できる
  3. その土地やスタジアムの良さを知れる

1つずつみていきましょう。

①非日常感を味わえる

サッカーの試合スタジアムに行くと、テレビやネット観戦では味わうことのできないものを味わえます。

例えば、

  • スタジアムの臨場感
  • 大きな歓声
  • 喜びなどの感情の共有
  • 選手の巧みなプレーを間近でみれる

などが挙げられます。

ふだんであれば、なかなか体験することはできませんよね。

現在は入場者数制限や声出しの禁止など規制があります。

しかし、だからこそ選手の声がよく聞こえてきたり、より臨場感も味わえるはず。

加えて、サッカーの試合は、基本的に週に1度の開催。

この開催頻度も「非日常感」に関わっているのではないでしょうか。

野球やバスケットボールの場合は、連日試合が開催されることがほとんど。

週1くらいが毎回新鮮で、ちょうどよいですね!

②美味しいグルメを堪能できる

試合が開催されるスタジアムでは、その地域の美味しい食材を使った美味しいグルメが販売されています。

試合前や試合中に食べて、楽しむことが可能!

小学生のころは、試合みるよりこっちのほうが楽しかったですね。試合そっちのけて。

例えば、茨城県のチームであれば、常陸牛を使ったステーキや、生産量1位のメロンをまるごと使ったメロンクリームソーダなどを堪能できます。

個人的には、アルビレックス新潟のホームスタジアムで食べた、新潟県産白米を使用したカレーライスが美味しすぎて忘れられません。

他にも、「これワンコインで食べれるの?!」みたいなコスパの鬼グルメもあったりします。

美味しいものを食べながら、好きなチームを応援できる。このうえない幸せです。

Jリーグは、1部から3部まであり、60チーム近くあるので、いろんな土地の食を堪能できますよ!

ひら丸
ひら丸
試合前の腹ごしらえは大事!

③その土地やスタジアムの良さを知れる

サッカーの試合前述したように、日本には多くのプロサッカークラブがあるため、いろんな土地やスタジアムにいくことができます。

他のスポーツ以上に多くのクラブやサッカーが開催されるスタジアムがあるのも事実。

全国各地へと足を運んで、観光と試合観戦を両方楽しめるのは最高です。

また、スタジアムも様々。

コンパクトでピッチが近いサッカー専用スタジアムや、とても大きな陸上競技場などが存在。

毎回驚きと楽しみがあります。

現地で観戦するうえで気をつけたいこと

  1. チケットを忘れる
  2. 着ている服の色が対戦チームのメインカラーとかぶる
  3. 突然の雨

1つずつみていきましょう。

①チケットを忘れる

購入したチケットを自宅に忘れる・チケットを購入し忘れるといったことに気をつけましょう。

前者に関しては、ネットでの購入が主流となってきました。そちらを活用するとスマホさえあればスタジアムに入場できます。

後者に関しては、時間に余裕をもって購入することが大事。前日にも確認しましょう。

ちなみに、当日に購入となると、チケットの価格は前売りよりも500円から1000円高くなります。人気のある試合だと、前売り時点で完売することも。

Jリーグ公式チケット販売サイト

https://www.jleague-ticket.jp/guide/first#ft02

②着ている服の色が対戦チームのメインカラーとかぶる

自身の服の色と対戦相手のメインカラーが同じだと、周囲の人に不快に思われることがあります。

例えば、「青をメインカラーとしたチームのサポーター専用のエリアに、対戦相手のメインカラーと同じ色の服を着ている」等々。

こちらは、当日に改善することがやや難しいです。

事前の対策としては、

  • 応援するチームのユニフォームを着ていく
  • 応援するチームのカラーに近い色の服を着ていく
  • 事前に対戦相手のチームについて調べて、服の色がかぶらないようにする

などが挙げられます。

③突然の雨

特に夏は降水確率が低くても、試合中に突然雨が降ることがあります。

なかでも、帰り道に公共交通機関を利用する方は気をつけたいところ。

事前の対策としては、

  • かっぱ(ポンチョ)を着る
  • 屋根で覆われているエリアの席で観戦
  • 大きめのビニール袋を持っていく

などが挙げられます。

すべてのスタジアムに屋根がついているわけではないため、注意。

また、スタジアム内で傘をさすのはやめましょう。周囲の人の観戦の妨げになるからです。

ひら丸
ひら丸
毎回かっぱを持っていくと安心!

ひとりでも十分楽しめる

「ひとりで行くのはなんだか不安。」という方でも大丈夫!

ひとりで現地観戦に行っても、おおいに楽しむことができます。

  • グルメを堪能する
  • スタジアム入場時に配布される資料やチラシを読む
  • 写真をとる、それをSNSに投稿してみる
  • 席や休憩エリアで近くの人と話してみる
  • 試合前に現地をのんびり観光する

このように、ひとりで行っても楽しみ方はたくさんあります。もはやひとりのほうが主体的になれて、色んな発見があったり。

私自身も、ひとりで行くほうが多いです。

近くの人と話したり、ウォーミングアップ時からひたすら選手の動きを注目したり。いろんな事ができて毎回とても新鮮。

近くの人に話しかけるのは緊張しますが、みんな同じチームを応援する人たち。なので、会話も自然とはずみます。

サッカー現地観戦の魅力|まとめ

サッカー現地観戦の魅力3選

現地で観戦するうえで気をつけたいこと

以上です。

「スポーツ観戦はただの消費でしょ」なんて言われたりしますが、このようにたくさんの魅力があるんです!

そして、楽しみ方も無限大。ぜひみなさんも、素敵なサッカー観戦ライフを!

ABOUT ME
hiramaru
干し芋とサッカー観戦が好きな20代男。 干し芋|サッカー観戦|自転車通学・通勤|日常での経験や気づき について発信しています!