サッカー観戦

スコットランドのサッカーリーグでプレーする日本人選手はだれ?視聴方法もあわせてご紹介!

サッカー

かつては、中村俊輔川島永嗣といった日本を代表する選手も在籍した、スコティッシュ・プレミアシップ。

そのため、スコットランドのサッカーチームについて、見聞きしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2022-23シーズンにスコティッシュ・プレミアシップでプレーする日本人選手や、彼らの活躍を視聴する方法について解説します!

こんな方におすすめ

  • スコットランドのサッカーリーグでプレーする日本人選手について知りたい
  • スコットランドのサッカーの試合を、どこで視聴できるのか疑問

本記事を作成している私は、サッカー観戦歴17年。これまで現地やテレビを通して、多くの試合を観戦してきました。

スコティッシュ・プレミアシップについて

スコットランド

まずは、スコティッシュ・プレミアシップの歴史や日本人選手の活躍ぶりについて、みていきましょう!

歴史・概要

2013年に創設された、スコットランドのプロサッカー1部リーグです。

参加クラブ数は12。

スコットランドのサッカーリーグは、1890年にスコティッシュ・プレミアリーグという名で創設されました。

その後、1998年に上位10クラブが分離するなどして、現在の形に。

これまでの最多優勝は、1890年から数えるとレンジャーズの55回、次いでセルティックの52回

この2クラブがリーグを引っ張っています。

しかし、レンジャーズは2012年に破産して4部降格となっており、近年はセルティックが圧倒的な強さを発揮!

また、

  • ロイ・キーン(元セルティック)
  • ファン・ダイク(元セルティック)
  • アンドリュース・ロバートソン(元ダンディー・ユナイテッド)

といった世界的に有名な選手も、かつてはこのリーグでプレーしています。

過去に所属した日本人選手

過去には、4人の日本人選手がスコティッシュ・プレミアシップでプレーしています。

  選手名(所属)      所属年

  • 中村俊輔(セルティック) 2005年-09年
  • 水野晃樹(セルティック) 2008年-10年
  • 川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド) 2015年-16年
  • 食野亮太郎(ハーツ※マンチェスター・シティからレンタル) 2019年-20年

日本人選手の通算最多出場・最多得点(2022年12月現在)

スコティッシュ・プレミアシップにおける日本人選手の通算最多出場・最多得点者は、ともに中村俊輔となっています。

日本人選手の通算出場試合数トップ5

選手名出場試合数
中村俊輔128試合
古橋亨梧37試合
旗手怜央34試合
前田大然33試合
食野亮太郎20試合

 

日本人選手の通算得点数トップ5

選手名得点数
中村俊輔29得点
古橋亨梧26得点
前田大然10得点
旗手怜央7得点
食野亮太郎3得点

※古橋・旗手・前田は、現在もスコティッシュ・プレミアシップでプレー中

スコティッシュ・プレミアシップでプレーする日本人選手

2022年12月現在、スコティッシュ・プレミアシップでプレーをしている日本人選手は下記の6人。

  • 古橋亨梧(セルティック)
  • 井手口陽介(セルティック)
  • 旗手怜央(セルティック)
  • 前田大然(セルティック)
  • 小林友希(セルティック)
  • 岩田智輝(セルティック)

古橋亨梧(セルティック)

2021年7月からセルティックでプレーするゴールハンター。

1年目はケガに苦しむも、リーグ戦20試合で12得点をマークし、早くもサポーターの心をわしづかみにしました。

2年目となる今季は、昨シーズンを上回るゴール数を記録しており、得点ランキング首位となっています!

井手口陽介(セルティック)

2022年1月に、ガンバ大阪から完全移籍でセルティックへと加入。

これが2度目の海外挑戦となります。

ところが、スコットランドでは移籍後からケガに苦しみ、出場機会は限定的。

2022-23シーズンは出場試合数が0となっています。

日本復帰も噂されており、海外で挽回できるのか。

旗手怜央(セルティック)

2021年12月に、川崎フロンターレから完全移籍でセルティックへと加入。

加入直後から試合に絡み、宿敵レンジャーズとのダービーマッチでは、2得点1アシストの大活躍。

勝利の立役者となりました。

この活躍ぶりには、リヴァプールのロバートソンもツイッターで絶賛。

カタールワールドカップのメンバーには入れませんでしたが、悔しさを糧に、さらなる飛躍をしてくれるはずです!

前田大然(セルティック)

2021年12月に、横浜F・マリノスからレンタル移籍でセルティックへと加入。

試合を通してスプリントをかけ続けることができ、攻守でチームを奮い立たせることができるフォワードです。

1年目は恩師であるポステコグルー監督の起用に応え、リーグ優勝に貢献。

2年目となる今季は、セルティックに完全移籍となっています。

小林友希(セルティック)

2022年11月に、ヴィッセル神戸から完全移籍でセルティックへと加入。

185cmの左利きディフェンダーです。

選手登録は2023年1月にされる見込みで、活躍が期待されています!

岩田智輝(セルテック)

2022年12月に、横浜F・マリノスからレンタル移籍でセルティックへと加入。

2022年のJリーグMVPが、ついに海外初挑戦となります。

中盤やセンターバックでプレーすることができ、日本代表選出歴もあり。

スコティッシュ・プレミアシップはどこで視聴できるのか

サッカーのテレビ観戦

2022-23シーズンのスコットランド・プレミアシップは、以下の場所で視聴することができます。

  • SPOTV NOW
  • セルティックTV

ともに有料配信。

SPOTV NOW

こちらは、スポーツ専門の動画配信サービス

スコティッシュ・プレミアシップの試合が毎節1試合放送されています。

月額料金(WEB決済)は、1300円(税込み)、年間契約で9000円(税込み)。

ただし、対象試合がセルティック戦とは限りません。

SPOTV NOW 公式サイト

https://spozone.tv/

セルティックTV

セルテック戦が全試合生放送されています(EL・CLはのぞく)。

セルテックの試合を確実に見るなら、こちらがおすすめです。

ただし、英語対応のみかつ、月額料金が約15ユーロと利用ハードルがやや高め。

ひら丸
ひら丸
日本時間21時〜28時にキックオフの試合が多いです!

まとめ|スコティッシュ・プレミアシップでは、5人の日本人戦士が活躍中!

スコティッシュ・プレミアシップでプレーする日本人選手

  • 古橋亨梧(セルティック)
  • 井手口陽介(セルティック)
  • 旗手怜央(セルティック)
  • 前田大然(セルティック)
  • 小林友希(セルティック)
  • 岩田智輝(セルティック)

スコティッシュ・プレミアシップはどこで視聴できるのか

  • SPOTV NOW
  • セルティックTV

以上です。

6人の日本人戦士のさらなる活躍を期待しましょう!

ABOUT ME
hiramaru
干し芋とサッカー観戦が好きな20代男。これまで食べた干し芋は80商品以上。 干し芋|サッカー観戦|自転車通学・通勤|日常での経験や気づき について発信しています!