干し芋

[茨城土産に最適!]住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」の特徴や魅力とは?

「手がベタつかずに干し芋が食べたい」

「茨城土産にぴったりの干し芋が買いたい」

そんな想いを叶えてくれる干し芋が、近年開発されたことを知っていますか?

その名も「プッチーモ」。

というわけで、今回は住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」の特徴や魅力に迫ります!

とてもユニークな商品名ですが、いったいどんな干し芋なんでしょうか?

こんな方におすすめ

  • 「プッチーモ」のことが気になっている
  • 茨城土産に何を購入しようか迷っている
  • 「プッチーモ」は、どこで購入できるのか知りたい

本記事を作成している私は、ほぼ毎日食べるほどの干し芋好き。これまで、70商品以上の干し芋を食べてきました。

住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」について

干し芋こちらの干し芋は、茨城県ひたちなか市にある干し芋メーカー、住谷公商店の商品です。

住谷公商店は、天日干しにこだわっているのが特徴的!

近年は乾燥機で乾燥させる干し芋が増えている中、天日干しでミネラルたっぷりの干し芋を製造しています。

まずは、「プッチーモ(丸干し)」の基本的な情報を中心にみていきましょう!

商品情報

名称干しいも(丸干し)
原材料さつまいも(茨城県ひたちなか産)
使用品種紅はるか
内容量70g(7個)
賞味期限製造日から60日ほど
価格600円(税込み)
製造者住谷公商店すみやこうしょうてん

価格は、水戸駅の土産店で購入した場合のもの。

開封後は冷蔵庫で保存しましょう。

栄養成分表示(100gあたり)

エネルギー303kcal
たんぱく質3.1g
脂質0.6g
炭水化物71.9g
食塩相当量0.05g

これらの値は、あくまで推定値です。

主な特徴

  • 1つ1つ小包装されている
  • チャック式
  • 認められた優秀な観光土産品

1つ目に関しては、小包装されていることで、一切手を汚さずに干し芋を堪能することが可能!

一般的な干し芋商品は、干し芋を直接触らないと食べられず、どうしても手がベタつきますよね。

ベタつきを気にせずに堪能できるのは、最高の一言。

干し芋2つ目に関しては、干し芋商品で「チャック式」はかなり希少な存在です。

茨城土産としては、他に幸田商店の「海風ほしいも」くらいしかありません。

また、商品サイズもおよそ縦18cmX横12cmと非常にコンパクトで、持ち運びがラクラク!

お土産として持ち帰る際も、荷物になりません!

スマホ(Xperia)と比較するとこんな感じ。

干し芋3つ目に関しては、2022年におこなわれた、「第62回全国推奨観光土産品審査会」で優秀な観光土産品として「プッチーモ」が認められました。

お土産を買う側も、もらう側も安心感が半端ないですね!

パッケージに茨城の観光地写真が載っているのも良い感じ。

住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」の魅力

  1. 小さくて食べやすい
  2. 適度なねっとり感と甘さがある
  3. スキマ時間に干し芋を楽しめる
ひら丸
ひら丸
1つずつみていきましょう!

①小さくて食べやすい

干し芋1つあたり4〜5cmほどの1口サイズなので、とても食べやすかったです。

あまりにも食べやすいので、ついつい2つ目・3つ目と手が伸びてしまうほど。

一般的な商品にはないサイズ感なので、新鮮でした!

②適度なねっとり感と甘さがある

紅はるか干し芋としては、十分なねっとり感と甘さがあります。

突出したものではありませんが、その分、小包装にあまりベタつくことなく、スムーズに取り出せるのでラク!

③スキマ時間に干し芋を楽しめる

一般的な干し芋は、

  • 開封後、小分けにして冷蔵冷凍するため、そこから温めて食べるのは時間がかかる
  • 袋から取り出す際に手がベタつく、やや面倒

と、食べる際になにかと苦戦しますよね。

しかし、「プッチーモ」ならスムーズに取り出るので、サクッと小腹を満たすことが可能!

ひら丸
ひら丸
好きなタイミングで楽しめる!

惜しい点

コスパが良いとは言えないのが、惜しい点。

紅はるか干し芋は、100gあたり350〜600円の商品が多く、70gで600円というのはやや高めです。

ただし、おそらくお土産品としてつくられており、お土産にぴったりなのでとても満足!

住谷公商店の干し芋「プッチーモ(平干し)」との比較

「プッチーモ」には丸干しタイプの他に、平干しタイプがあります。

ここでは、両者を比較してみます。

プッチーモ(丸干し)プッチーモ(平干し)
価格600円(税込み)580円(税込み)
内容量70g(7個)70g(7個)
パッケージ黄色赤色・JRとのコラボパッケージ品あり
形状丸干し平干し

※価格は水戸駅の土産店で購入した場合のもの

大きな違いはパッケージ。

平干し商品には、JRとコラボしたパッケージが採用されているものもあります。

これは、茨城県ひたちなか市にある「勝田車両センター」の60周年を記念してコラボしたパッケージだそう。

住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」はどこで購入できるのか

ひら丸
ひら丸
主に、以下のような場所で購入することができます
  • 通販サイト
  • 水戸駅・勝田駅の土産店
  • その他

通販サイト

巣ごもり需要の高まりから、ここ数年で多くの干し芋が通販サイトで購入可能となりました。

上記のサイトでは、住谷公商店の様々な干し芋が販売されています。

ただし、楽天市場で「プッチーモ」を購入する場合、送料が1150円と非常に高いので注意(クール便)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茨城県ひたちなか産干しいもプッチーモ(丸干しタイプ)
価格:660円(税込、送料別) (2022/10/3時点)

楽天で購入

 

 

水戸駅・勝田駅の土産店

駅中の実店舗においては、茨城県の水戸駅と勝田駅のNewDaysを含めた各お土産屋さんで販売中!

ひら丸
ひら丸
私は今回、水戸駅の「おみやげや プラム水戸」で購入しました!

その他

上記の他には、

  • 大洗まいわい市場
  • JR電車内ワゴン販売

などといった場所で販売中。

詳しい販売先は、住谷公商店ホームページを参考にしてください!

住谷公商店「会社案内 主な販売先」

https://arigatou-imo.com/company/

まとめ|プッチーモは茨城土産に最適!

住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」の主な特徴

  • 1つ1つ小包装されている
  • チャック式
  • 認められた優秀な観光土産品

住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」の魅力

以上です。

いつでもかんたんに取り出してを楽しむことができ、茨城土産にもぴったりな、住谷公商店の干し芋「プッチーモ(丸干し)」。

ぜひ堪能してみて下さい!

ABOUT ME
hiramaru
干し芋とサッカー観戦が好きな20代男。 干し芋|サッカー観戦|自転車通学・通勤|日常での経験や気づき について発信しています!